豆乳とリンゴ酢の組み合わせ効果は?ダイエット・美肌にいい飲み方とレシピ


大人気の豆乳にクエン酸たっぷりのリンゴ酢をプラスしたレシピが、今話題です。

リンゴ酢のメリットは?

この2つの組み合わせがなぜ、ダイエット・美肌におすすめなのか?

大豆たんぱくやイソフラボン・ビタミンB群・サポニン等の栄養素を含む豆乳に、ビタミンC・ペクチン・クエン酸・カリウム等の栄養素を含むリンゴ酢の取り合わせ。身体に悪いはずはありませんよね?

リンゴ酢は、その名前の通り、酢にリンゴを入れたものですが、お家でも手軽に作ることができます。

殺菌消毒したビンに、リンゴを洗い、皮ごと4~8等分に切り分けておきましょう。そのビンに、リンゴを半量、氷砂糖半量、リンゴ半量、氷砂糖半量の順に入れ、その上から、酢を入れます。冷暗所で1ヶ月置けば、完成です。

さて、このリンゴ酢の効果についてですが、酢にはダイエット効果があることをご存知ですか?

酢酸はわたし達が食べた食物を、胃の中で、でんぷんを消化させる酵素の働きを抑制する働きがあります。その結果、炭水化物のカロリーを抑えてくれるというわけです。

その上、食事の前に飲むことで、血液中に糖分が溶け込むことを遅らせる作用もあるとのこと。これが、リンゴ酢がダイエットにおすすめと言われる理由です。

豆乳のサポニンでアンチエイジング

豆乳に含まれる栄養素には美肌に良いとされる栄養素がたくさんありますが、ダイエットと美肌に貢献してくれるのは、サポニンです。

サポニンは、シミ・しわ・乾燥等の肌トラブルの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があるほか、肥満予防、コレステロール低下をサポートする栄養素になります。

このサポニンに、リンゴ酢のビタミンC・ペクチンが加われば、アンチエイジングに効果あり。ちなみに、ペクチンとは、食物繊維の一種になり、お腹にたまった老廃物をスムーズに排出させる働きがあります。

豆乳とリンゴ酢を使ったレシピを紹介

美味しく飲めるレシピを紹介します。

まず、もっとも簡単な豆乳リンゴ酢ジュース。材料はリンゴ酢大さじ1杯、豆乳200CC、ハチミツ適量(小さじ1杯程度。グラスに豆乳を入れ、リンゴ酢・ハチミツを入れて軽く混ぜ合わせます。氷を入れて、ミントの葉を飾れば、完成です。

豆乳が苦手、リンゴ酢が苦手な方は、毎日の料理に活躍するドレッシングはいかがでしょうか?

材料は、成分無調整豆乳60CC、オイル60CC、リンゴ酢15CC、塩少々、ハチミツ大さじ1杯強です。

この材料をすべて混ぜ合わせばOK。しっとりとした、まろやかな味わいのドレッシングができます。サラダ、サンドイッチ等にお使いください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする