きな粉は筋肉・筋トレの効果があがる?トレーニングとの相性は?

きな粉といえば、ぼた餅やわらび餅など餅に絡めて食べたり、和菓子作りの原料に使われます。

きな粉はただ美味しいだけでなく、栄養価が高い食品であり、最近は筋肉を鍛えている人が摂取しています。

そこで、今回はきな粉が本当に筋トレや筋肉に効果があるのか解説します。

きな粉と栄養について

きな粉は、大豆を炒って皮をむいたものを挽いた粉です。香りが香ばしく、和菓子だけでなく、豆乳に混ぜたり、アイスクリームの原料にも使われているんです。

最近は大豆だけでなく、黒豆が原料のきな粉も作られるようになり、高い人気があります。

きな粉の栄養

きな粉の原料は大豆ですから、沢山のタンパク質が含まれています。

また食物繊維も多く含んでいることから、便秘の改善にも役立つのです。

この他にもカルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄などミネラルを多く含んでいます。

きな粉は高タンパク!筋トレに有効?


体を鍛える為に必要な運動の一つが筋トレですが、ただトレーニングするだけではなく食事も見直す必要があります。

とくに筋肉をつけたいと思っている方は、高タンパクの食品を摂らなければいけません。タンパク質を含むものとしては、肉や魚、たまご、乳製品があります。

本格的に筋トレしている人が欠かさず飲むのがプロテインです。プロテインもきな粉に負けないくらいタンパク質が豊富に含まれていますが、価格がやや高いという欠点があります

そこで、きな粉をプロテインの代わりに使えたら経済的で良いのですが、カロリーがやや高く、効率的にタンパク質を摂取出来ませんし、同時にダイエットしたい方には勧められません。

しかし、栄養補給の為にプロテインや牛乳と混ぜて飲むのでしたら問題ないでしょう。

効果を上げるにはきな粉よりも豆乳


筋肉をつける為に必要な主な栄養素にはタンパク質、アミノ酸、ビタミンDがあります。

近年の健康ブームで注目されているのが豆乳です。豆乳も大豆を原料としているため、タンパク質を多く含んでおり、筋肉を作る為には最適です。

豆乳にはいくつか種類がありますが、筋肉を鍛えたいと思っているのでしたら、無調整豆乳を飲みましょう。

飲みにくい場合には調整豆乳でも構いませんが、豆乳飲料は飲みやすくする為に糖分が含まれていることがあるので避けましょう。

豆乳を効率よく取り入れる為には、飲む時間も大切です。ベストなタイミングは、トレーニング30分前と30分後、就寝前です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする